2015/10/20

ボールペンと、スケッチ10日分

ボールペンの結論。


最近ボールペンの話ばかりなので、今のところの話になりますが結論を。


ゼブラ社のニューハードは、クロッキーが描きやすいので、日々のスケッチのメインに復活です。
・ヘタでもいいからノビノビ〜〜と描ける感じです。他に油性インク独特の粘り感が絵にでるのも魅力です。

ぺんてる社のローリーに、パステルと色鉛筆を試してみました。作品まで、あと少しという感じです。
・今のところ単独ではなく彩色する時に。顔料インクの黒色は他の画材と相性が良く、ペンやミリペンより、薄い線や丈夫など扱い易いのも魅力です。
 


ざくっと鉛筆で例えると、ニューハードは「B」、ローリーは「H」、だと思います。 

ボールペンなどで描いたクロッキーやデッサン、10日分のスケッチ。


短い時間で描く事も増やそうと、ストップウォッチ片手に描いたら、ヘタクソもあり
恥ずかしいです。焦り過ぎだよ……(゜o゜;)

無料で著作権・リンクの表記なく、ブログやイラストの下絵・トレースなどにも使用を許可している、有り難いサイトの写真から多く描かさせて頂いています。
ありがとうございます。

2015/10/11

靴のイラスト(No.3)と、ボールペンの話と、スケッチ10日分

ボールペンで描いた靴の絵をスキャンし、イラストを作りました。

 




今回のボールペンは、ぺんてる社のローリー。前回はゼブラ社のニューハードです。

下は、同じボールペン画を少しだけ変えた靴の絵です。こちらの方が少しポップな感じがします。




もう少しボールペンの話を。

ノック式だと描きずらかったので、ローリーの芯をニューハードへ入れ替えてみました。
けっこう無理矢理でした。(^_^;)


(グリップはぴったり。でもキャップがしっかり閉まらなくなります。)


ボールペンや透明水彩絵具で描いた、クロッキーやデッサンなどのスケッチ10日分。


ローリーと透明水彩絵具は、どちらもほぼ無光沢で、相性の良い印象です。

ローリーで書き始める時、インクが出ない事が多いですが、そんな時、よく円を描くように、紙にクルクルと試し書きをしたりしますが、それよりも柔らかい布やティッシュで、ペン先をよく拭き取った方が、早く解決します。 → 2016/03/21追記 既にインクで濃く塗ってある箇所の、上を何回かなぞった方が、簡単に書けました。

まだこのボールペンの、「こういう風に使って描くとスゲエっ!」が、見つけられずにいます。失敗が多いです。
もう少し楽に、グレーの濃淡が何段階も描き分けられるようになると、もっと楽しく描けそうなのですが…、やはりグラデーションは鉛筆とかの方が良いのか…。次回は他の画材も試します。


  

2015/10/01

靴のイラスト(No.2)と、ボールペンの10日分

ボールペンで描いた靴の絵をスキャンし、靴のイラストを作りました。

 

 

ボールペンで描いた、クロッキーとデッサンの間くらいの絵、10日分です。

 

バナナ食べました(´¬`)